循環型社会をめざして

1,030,663

新着情報

掲載日 2023.10.31

株式会社サーキュラーペット及びサントリーグループとペットボトルの「ボトルtoボトル 水平リサイクル」に関する協定を締結しました

令和5年10月23日(月曜日)、株式会社サーキュラーペット及びサントリーグループと当組合で「ボトルtoボトル水平リサイクルに関する協定」を岡山県で初めて締結しました。
この協定により、クリーンセンターに集められた使用済みペットボトルを新たなペットボトルに再生する水平リサイクル事業を、令和6年4月から開始する予定です。


写真左から株式会社サーキュラーペット エルワン・イノー社長、津山圏域資源循環施設組合 谷口圭三管理者、サントリー
ホールディングス株式会社 藤原正明常務執行役員

 

 
資源化物として津山圏域クリーンセンターに集められる約200トンの使用済みペットボトルは、津山地域に新たに建設された株式会社サーキュラーペットにより原料化(再生PET樹脂)され、サントリーグループにより新たなペットボトルへ100%再生されます。
ペットボトルを水平リサイクルすることにより、石油由来の原料から新たに作るよりも、二酸化炭素の排出量を約60%削減することができます。


この事業により、津山圏域の脱炭素社会の実現と、持続可能な循環型社会の形成を目指します。
また、水平リサイクルによりペットボトルの再生先が明確に「見える化」され、圏域住民のリサイクル意識のさらなる向上が期待されます。

 

各市町でのペットボトルの分別方法や回収方法に変更はありませんが、引き続きご協力をよろしくお願いします。