循環型社会をめざして

712,852

わが家のごみ減量アイデア~私は○○でごみ減らしました~

クリーンセンターでは、「ごみ減量宣言」を具体的に進めるため、圏域住民の皆様からごみ減量化のアイデアを募集・掲載します。

ぜひ、皆さんのご家庭でも取り組んでみませんか。

応募方法は、このページの一番下に掲載しています。みんなでごみ減量化を進めていきましょう!

 


◆ご応募いただいたアイデアをご紹介します

(津山市 エコちゃん)

コーヒーや紅茶を入れた時に出る茶殻は、ごみとして捨てるのではなく、乾かして肥料として庭にまいています。おいしいコーヒーも飲めるし、植物もぐんぐん大きくなるので、とってもエコです!

(美咲町 Kさん)

子どもが学校から持って帰ってくるプリントやお便りをくしゃくしゃポイいとごみ箱に捨てていましたが、古紙ストッカーを購入し、子どもに「古紙は資源になる」と教えたら、燃えるごみの量も減って、机の周りのプリントも片付いて一石二鳥です!

(津山市 Nさん)

普段何気なくゴミ箱に捨てている、コーヒーシュガーの袋や、服のラベルなど細かい紙ごみを、古封筒に入れてまとめて古紙回収に混ぜて出しています。小さなことですが、チリも積もればです。


(津山市 Sさん)

生ごみはかさばるし、夏は臭いが気になって困ってました。津山市のホームページで補助金があること知ったので生ごみ処理機(乾燥タイプ)を購入しました。一晩で1/4の重さになります。ごみ量も減り、ごみ捨てが楽になりました。

 

(津山市 エコちゃん)

お菓子を買う時は、一つずつ個包装されている物を買わないようにしています。個包装されている分のごみを削減することができますよ。

(津山市 リサイクルプラザさん)

ごみを捨てるときには、分別マークを確認して、しっかり分別しています。分別することで、資源として再利用できますよ!

 

 


◆応募方法

以下の内容をメールで送信してください。

①お住いの市町名・掲載するお名前(イニシャルや匿名でも大丈夫です。)

②アイデア内容(200文字程度)

③アイデア内容が分かる画像(JPEG等)など

※応募いただいた内容は、組合ホームページや広報紙で掲載させていただきます。

※内容等の一部は、掲載の都合で編集する場合がありますのでご了承ください。

※また応募する画像は、肖像権や著作権等に問題のないご本人が撮影したものでお願いします。

 

宛先アドレス shigen-t@shigen-tsuyama.jp

件名は「ごみ減量アイデア」としてください。